オーナーセラピスト

佐藤 弘章

Hiroaki Sato

看護師

リンパ浮腫療法士

MLAJ認定医療リンパドレナージ上級セラピスト

 

 

所属学会等

・日本医療リンパドレナージ協会

・日本リンパ浮腫治療学会

 


経歴

12年間藤沢市民病院にて看護師として内科・外科系の高度急性期から終末期と幅広い看護を経験する。(消化器内科、消化器外科、神経内科、整形外科、形成外科、三次救命救急センター集中治療室)臨床指導者としても長く学生指導、新人教育に尽力する。またDMAT看護師(災害派遣医療チーム)して災害医療の活動展開にも力を入れた。

リンパ浮腫に関して2011年に日本医療リンパドレナージ協会にて初級・中級資格を取得。2012年にリンパ浮腫療法士資格を取得。病院内では外傷性のリンパ浮腫の方のケアや、院内で発症した浮腫患者さんのケアを行った。

2013年リンパ浮腫難民救済の為に同院を退職。医療法人社団みなとみらいケンズクリニック・柳川クリニック両院でリンパ浮腫専門外来、併設のメディカルスパもみじ坂・西鎌倉で専門ケアルームを立ち上げ5年間湘南・鎌倉・横浜方面のリンパ浮腫ケアサポートを行う。

2016年日本医療リンパドレナージ協会上級セラピスト資格に合格。更に重症な浮腫の方々への介入、難症例にも携われる様に知識と技術を得る事となる。

2017年6月、是迄の経験と更なる専門的ケアを提供する為に、横浜桜木町と鎌倉にケアサロン・むくみ専門訪問看護ステーション・鍼灸院を開設する運びとなった。

医療や治療方法は日々進歩している。最新の知識や技術を取り入れ皆様に提供して行く為、これまでにドイツでのリンパ浮腫治療研修に参加したり、リンパやむくみに関連した研究会や学会、各種勉強会への参加、最新のリンパ管を同定する研究モニターの参加、弾性着衣メーカーさんとの繋がり、医療機関の医師との繋がりを大切にしながら自己研鑽に日々励んでいる。

 

男性看護師・リンパ浮腫療法士・MLAJ認定医療リンパドレナージ上級セラピス資格を有する者は、全国でもまだ数少ない存在である。

 

私が何故リンパケアセラピストになったのか?目指すきっかけとなった事をまとめたものはこちらを参照。

https://ameblo.jp/1979--1979/entry-12047419000.html

 

 

メッセージ

リンパ浮腫は慢性的な症状の為、日常生活に上手く組み込みながら状態を維持していく事が必要であります。困った時には直ぐに相談でき、ケアを受けられる施設が身近にある事で漠然とした不安が小さく済む事もあります。
そんな皆様ひとりひとりの「思い」を大切に。そして無理が生じない様に相談しながらケア・治療を進めていきます。治療やケア目標に応じて、提携医療機関(血管外科クリニック・総合病院・大学病院など)との連携を密に図り、リンパ機能・血管機能の様子を評価しながら安全に進めて行く事もしております。
 
手術療法のLVA(リンパ管細静脈吻合術)や脂肪吸引術前後のケアも行っていますので、幅広い状況に対応しています。
 
またライフステージに沿った関わりも大切にしています。ケアスペースに通える方は「ナディスよこはまケアサロン」へ。外出が困難な方へは訪問し、ご自宅や施設でも専門的で質の高いケアを提供しております。
 
その他がん等の治療に伴う痛み、痺れ、吐気などの諸症状に関して鍼灸治療が受けられます。鍼灸師と連携を図りながら安全に対応致しますのでご相談ください。

「こんな施設があったらいいな」を形にしたく神奈川県横浜市桜木町駅、馬車道駅に近い立地に開設しました。様々なアーティストの協力もあり、他には無い癒し空間となっています。常に変化と新鮮味、わくわくする様な空間づくりを心がけています。
癒されながら浮腫みが良くなる過程のお手伝いが出来ればと思っております。
相談だけでも構いません。お気軽にお問い合わせ、ご連絡をいただければ幸いです。