看護師からセラピストへの転身

「誰かの役に立ちたい」「病気で苦しむ人を助けたい」そんな思いから看護師を目指した私でしたが、看護師として沢山の人の生と死に立ち会う中で、思いは少しずつ変化していきました。

 

「誰かを助ける事は出来ない。本当は一人一人が、その人にとって大切な事に気付く為に必要な経験をしている。そして自分自身の力で状況を変えていく力を持っている。」

 

今はそんな風に思っています。

 

私に出来る事は、その人にしか出来ない経験の素晴らしさを信頼するだけ。

その事に気付くようになったのは、私のもう一つの役割、母としての経験も重なっての事でした。

 

子育てって本当に難しいです。

その難しさを通して、無償の愛について考える機会も度々与えられました。

「愛する大切な存在」があったからこそ学べた事が沢山あります。

 

自分自身への愛の向け方も覚え、子育てや看護を通して、親として人として、少しずつ成長させてもらったと感じています。

 

大切なことは、遠回りのように感じても、まずは自分を見つめ、固定概念ではない自分にとっての真実を探していく事だとわかりました。

そしてもう一つ大切なことは、自分の心は自分自身で満たす事だと気付きました。

 

幸せは本当は今この場にも沢山溢れています。自分の心のものさし次第で、現実の見え方はいかようにも変わります。でも心がギシギシしていると柔軟に物事を見る事が難しいのです。

 

全ての出来事は、有難い気付きのギフト。

その事にうすうす気付き始めてから、かれこれ十数年。少しずつ腑に落とせるようになった今、ようやく新しい何かを生み出したくなってきました。

 

もともと人の体に触れたり癒したりする事が好きで、それによって自分自身も癒されてしまう私なので、アロマセラピストは私にとってもってこいのお仕事だと感じています。私が私らしくいて、そして幸せを感じながら出来るお仕事、それがアロマトセラピスト。

 

私に今出来る事があるとすれば、それは誰かを助ける事ではなく、ちょっと疲れてしまった時の憩いの場所になること。

看護師や母親としての役割を通して気付きに至った「自分を愛する事の大切さ」「すでに自由であることへの理解」「許し許されることの温かさ」を自ら体現して、アロマトリートメントを行う事だと感じています。

 

不思議なもので、精油は今の自分の精神状態や必要な事を教えてくれたりします。植物の与えてくれる愛情は静かだけれど、とても深い。

そんな植物の力を借りながら、ご縁を頂いた皆様のお役に立てたら幸いです。

 

忙しいという字は「心を亡くす」と書きますが、慌ただしい日常生活の中で、体はもちろん、貴方にとって一番大切な心を失いかけたら、どうぞここを思い出し、判断のないニュートラルでゆったりと流れる時間に、是非身を委ねにいらして下さい。貴方の為だけの特別な時間を一緒に過ごさせて頂けたら嬉しいです。

 

もし気が向くようでしたら、安心して鎧を外し、心の断捨離もされていって下さいね。話す事によって体だけではなく心まで軽くなってお帰り頂けたら嬉しい限りです。

 

 

《アロマトリートメントとは》

 

花の香り。フルーツの香り。森の香り。

植物の香りは、私たちの心や身体にさまざまに働きかけます。アロマテラピーは、植物から抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)を使って、心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てていく自然療法です。

精油を用いたアロマトリートメントでは、精油の香り、キャリアオイルや精油の成分、施術による作用が重なり合い、深いリラクセーションが得られます。

 

 

《精油の不思議》

 

植物ももちろん生命。人間のように動きはしないけれど、成長や命の循環はとても近いものを感じます。

 

種は土の中の養分や水、太陽のエネルギーを一身に受け、根を張り、芽を出し、成長し、やがて花を咲かせ、実が成ります。実はまた種となり新たな生命を育む…1度芽を出したら生涯同じ場所で生活する植物は、自ら身を守ったり、時には昆虫や鳥たちの助けを借りながら生命の循環を繰り返しています。

 

動く事のできない植物は、様々な機能を携えることにより、その場所で生き抜く事ができますが、その機能が、私たちに対しては不足する成分や働きを補ってくれていたりするのです。

 

また、植物の部位と私たちの体の部位には共通する事も沢山あります。例えば光合成を行う葉はまさに植物の呼吸器。この葉から抽出される成分は私たち人間の呼吸器系のトラブルに効果を発揮するなど、不思議なことも沢山あります。形は違えど同じ生命、面白いなぁと感じます。そして植物の智慧の深さに日々感心しています。

 

また、香りは人間の情動や記憶と強い繋がりがあり、大脳新皮質の嗅覚野が香りを認識する前に瞬時に本能や感情などの情動へと繋がります。その為、好きな香りを嗅げば、判断を挟まず一瞬で心地よさを運んできてくれます。

 

その心地よさはストレスを緩和し、自律神経を整え、ホルモンバランスや免疫力の向上にも役立つと言われていますが、場合によっては、魂レベルの癒しにも一役かってくれているかもしれません。

 

是非、ご自身の直感を大切に、植物の力を借りてみて下さいね。